女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ついに コスギも・・・

CANONのレーザープリンターが故障した。

ちんちくりんで小太りのところがブラマヨの小杉によく似ているので、ワタシはコイツをコスギと呼んでいた。
おとといの事だった。
JWで書いた図面をプリントアウトして驚いた。
細い線のレイアーが薄すぎて「余命3ヶ月」のような はかなさ になっていた!

お~もうトナーがなくなったのか と思い、さっそくアスクルにて、安価なリサイクルトナーを注文した。
さすがアスクルでもう今日届き、セットして、やれやれとばかりに、同じ図面をプリントアウトしてみた。

が、お~治ってないぞ~

その細いレイアーはさらに「余命1ヶ月」に進行していたのだった。
も・もしかして、コスギは病気なんではないだろうか・・・
素人考えでも、トナーを補給して治らないとすれば、本体に異常があるとしか思えないからだ。

コスギよ~

そういえば、もう8年くらいがんばっているんだよね~
その太った体でビュンビュンと何枚も何枚もプリントアウトしてくれてたんだよね~
さぞかし、汗だくだくだっただろうにね~
すまなかったね~

コスギ~

でも、一言 言わせてもらっていいかな~
ワタシはつい最近10回払いで薄いTVと今はやりのブルーレイを買ってしまったのだよ!
なんて間が悪いじゃないか!
おまえの治療費は痛いんだよ~

コスギはベスト電器閉店セールでみつけた定価×8割引の商品だった。
だから2.3万円で買った覚えがある・・・
商品のほとんどが売れていて、からっぽになった陳列棚にコスギはポツンと座っていた。
一般人は誰も見向きもしない商品だからである。

思わず、「これ買います!」と店員さんに叫んだ。
当時のワタシはインクジェットプリンターの遅い速度に嫌気がさしていたからだった。

それからというものはコスギは1回だけ、治療しただけだった。
パソコンについで「がんばった大賞」をあげたいものだ。

メンテ会社に電話すると、
「部品製造は終了してますから、治せるかどうか・・・」
「お~まだまだ、治せば使えます!」

諸事情により、もう少しコスギには働いてもらいたいのだ。

フレーフレーコスギ
[PR]
by asaasa-archi | 2010-05-14 23:14 | お仕事