女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

闇に光

三次元を二次元で表現する以上、しょせん限界がある。
形を言葉で表現するのにも、同様であると同じように・・・

PCで仮想空間体験のようにめくるめく部屋の中をミクロの決死圏ばりに行きかったとしても、だめな場合も多い。
それはなぜかというと、人間には五感というものがあり、それすべてで空間を感じ取るからだ。
私たち専門家であったとしても、二次元を三次元に頭でおきかえるとき、経験値というものに少なからず頼っている。

「cozy home」は空間の使い方が思い切っている。
1Fのダイニングが吹抜となり、そこを回り込むように1.3FにWC、1.7Fにリビング 2Fに寝室という配置なのだ。
だから、上棟するまでは、ワタシも少なくとも数%も未知の部分があった。
上棟が終わり、あきらかに一人歩きしたその空間はワタシの想像よりも圧巻であった。

照明とその位置の打ち合わせはたまたま夜になったが、はっきり言って正解だった。
闇に浮かび上がる光の具合を体感した。
仮設電球の位置をずらすことにより、微妙に光の表情が変わっていった。

体がビクッと震えた。

闇に光

人間が動物であることを実感する瞬間だった。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-22 23:25 | お仕事