女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

そうだ、ディズニーランドについて書いてみよう。

先日、監督さんの車に乗せてもらったときにふいに聞かれたことがある。

ディズニーランドって好きッスか?」
こういうふいを付かれた質問をされると、すごく真面目に考えてしまい即答に困ることがある。
「ごめん、もうちょっと、具体的な質問に変えてくれる?」
「あ~彼女(奥さんのことを彼はこう呼ぶ)がディズニーランドが好きで、しょっちゅう行きたがって困るスよ。」

あ~そういう意味か・・オンナは大体ディズニーが好きなのかを確認したいらしい。

話ながら、ふと、昔my sonと行った2回のディズニーランドのことを思い出した。
my sonはおとなしくあまり自分からどこに行きたいとか主張する子ではなかったので、幼稚園の頃、
ディズニーランドでも行ってみる?」
と聞いたことがある。
「どっちでもいいよ。」と彼は答えた。
「じゃぁ、行ってみよう。1回くらいは行ってみよう。」と言って、バス日帰りディズニーの旅に申し込んだ。

もちろん独身の頃はワタシはよく行った。
まぁ、デートに使うのなら最高の場所だったからだ。

その日は土曜日ですごく混んでいて、何に乗るのにも、列に並んだ。
It's a small world なんかは空いていたので、子供向けのアトラクションに乗っていたが、日も暮れてきたので、ビッグサンダーマウンテンに乗ろうと思い、列に並んだ。
1時間待ちくらいだったと思う。

そこは山を登りながら待つ。
そして頂上付近でやっと乗れることになっている。
そろそろ列が頂上付近にさしかかった頃だった。
「ボク オシッコしたい。」彼がポツンと言った。

愕然とした。
こ・ここまで並んで、リタイアか~~

いやいや、なにか、方法はないものか・・・
頭の中を様々な思惑が瞬時に駆け巡った。
そして、ワタシはバッグの中をまさぐった。

あった~ビニ-ル袋が・・・しかも2枚・・・
お~神のめぐみじゃ~

ビニール袋を2枚重ねにして、おもむろに彼のズボンをそっとおろした。
あたりは暗い・・・
あたりをそっと見回して、静かに彼の耳元でささやいた。

「さ・さぁ、しちゃってOK」

母と息子の愛の物語劇場だった・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-03-31 22:57 | my son