女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ワクワクどきどき キャサリン号

あったかい~今日はホントにあったかい~のだ。

で、ワタシはキャサリンに乗り「COZY HOME」の現場に出かけた。

いつも、ふいに、キャサリン号に乗って、顔はスッポンいやいやスッッピンなので、現場のおっちゃんちは100%施主のおくさんだと思っている・・・
「こんにちは。今日はいい天気ですね~ごくろうさまです。」
と声をかける。

「こんにちは。」と答えてくれるが、まぁまぁ現場作業のおっちゃんもしくはおにいさんは「こいつ、誰だ?」という目でまず、ワタシを見る。
が、あ~施主の奥さんだよな~的思考のあと、ワタシに愛想笑いをなげかける。

ふふふ、しめしめまた、誤解してるよな~とワタシの心のなかの悪魔がほくそえむ・・・

「おくさん!この家は丈夫ですよ~」
「ほ・ほんとですか?なぜですか?」

「ほらほらこのボルト え~アンカーボルトっていうんですがね、これがねあ~でもないこ~でもない云々云々・・・」
得意げにおっちゃんは言った。

「へ~そうなんですか」
心のなかの悪魔がまた、ほくそえんだ・・・
「まぁ難しいこと言ってもなんだから、とくかくいいですよ。」

難しいというより、意味不明だった・・・

で、世間話を一通りしたあと、現場を去った。

だいたいいつもこんな感じなのである。

神経質な監督さんだと「現場に来るときには言ってくださいね」と釘をまず刺されてしまうが、別にいつ行こうがワタシの勝手である。

だから思いっきりおばさん風で現場に行く。

ふふふ

でも時々「あんた誰?」と聞かれることもあるが、そのときには「いえいえ名乗るほどのものでもないですが、一応設計士です。」と言う。
「ふ~んそう」と現場のおっちゃんはそっけない。

お~ そのそっけなさが好きだ~

陰日なたなく、しっかり仕事をしてくれ~

頼みます。

大きなお金をだしてお客様は家を建つのですから・・・

一生に一回の大仕事だと思って、気張ってやってくださいね・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-03-05 23:18 | お仕事