女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

モスバーガーをごちそうになった。

値段はなかなか高いので、ワタシの家族はなにかの行事とか、おみやげとか、特別気分がイイとかでないと、食べたためしがない。

日頃マクドナルドに慣れ親しんでいるmy sonなどは、もっぱら¥100バーガーを今日は5個食べたとか、7個食べたとか言ってる次元なのである。

だから、も~うほっぺたが落ちそ~なくらいソースがたっぷりとかかったジューシーなお肉に、さらにレタスやら厚きりのトマトなどをサンドして、フワフワのパンで挟み込んだモスバーガーは日本が生んだバーガーの王様なのである。

さらにとろけるチーズがたっぷりしてれば イタリア人でもないワタシでも、思わず
「オ~トレビアン~」
と心の中で叫んでしまう!

前置きが長くなったが、「島田の家(仮)」の奥様が「打ち合わせ方々モスランチをしましょ~」と言って買ってきてくれたのである。

で、いつもはそのままガッツいて食べるのだが、今日はお皿に乗せてナイフとフォークで食べてみた。
もともとモスはバーガーのなかのソースがたっぷりと入っていて、いつも最後はソースだけ包み紙に残ってしまい、ズ~ズ~とすする羽目になる。

お~それではお客様の前で大変失礼ではないか!
というよりも、恥ずかしいではないか!

「松浦さん!いつもバーガーはナイフとフォークで食べるのですか?」と聞かれてしまった。

「ほ~ほほほ!」
とお嬢様ぶりを見せたかったのであったが、それではあまりに現実とかけ離れすぎていると、気づき、
「いえいえ・・・あの~その~」とたじろぐワタシであった・・・

さすが、ワタシと知り合ってもう小一年もたつので、この奥様はワタシがいかに大食いであるかを知っていた・・・
「あっ!バーガーが3つありますけど・・・」

「はい、バーガー1コ+ポテト+チキンナゲットでは足りないと困ると思って、予備にもう1コ買ってきました!」

お・お~なんという心使い・・・

まったくもって、お客様はありがたいのである・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-02-23 19:05 | 生活