女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

コンピューターの逆襲

ワタシは基本設計やら、確認申請関係の図面は、目玉が飛び出るほどのお値段の専用CADを使っているが、高いだけあってメチャ便利なのである。

開業するときに「中小企業向のなんちゃら借入」のような金融商品を7年で借りその大半がこの専用CADの代金だったので今でもよ~く覚えている。
そして、「なんちゃらサポート代」的代金もさらに毎月引き落としされている始末なのである。

まさに金食い虫なのであるが、彼(あえて人称で呼ぶが)は、時々意思があるのではないかと思うときがある。

忠犬ハチ公ではない。
時々「ハッハッハッ~バカだな~オマエは・・・」的反乱を起こすのだ。

で、今日は「島田の家(仮)」の基本設計がようやく終盤にさしかかり、あまりに尺モジュールだと間くずれしすぎるので、メーターモジュールに変更することになった。
ところが、この専用CADの難点はモジュールの変更はNGで最初から、書き直すような仕組みになっている。

今朝、さ~続きを書こう~って感じでPCを立ち上げ、専用CADを開いたとたん、「古いなんちゃらマスターでは開けません」などと訳のわからないことを言って、ワタシにイチャモンをつけたのだ。

「おのれ~何を今さら言うか~ぐずぐずしないでさっさと開け~」

「古いなんちゃらマスターでは開けません」

「おのれ~まだ言うか!!」

「古いなんちゃらマスターでは開けません」

「ばかもの~昨夜何時間かかってメーターモジュールの図面を書き直したと思ってるんだ~」

「終了します~」

「お・おい!待て!いや、待ってくれ~頼む~機嫌を直してくれ~」

「終了しました~」

とこのような案配で、昨夜の図面は夜露となって闇に消えたのでした・・・

絶対に、意思を持ったPCだ。
えっ!「ハル」か?いやいや、そんなたいそうなPCではない。
じゃぁ「ハル」もどきか?

悔やんでも悔やみきれない時間のロスであった・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-01-09 00:15 | お仕事