女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

アバターを観た

映像がすごい。
美しいし、迫力もある。


衛星パンドラは地球によく似たところで、海、川や森、動物や植物もいるし、昼と夜もある。
ただ、酸素はないみたいなので、人間は専用のマスクをつけないと呼吸ができないところである。
もちろん動物や植物は近未来的で創造的なものである。
その風景は全体の色彩が深いブルー・・・ ターコイズブルーといった感じで神秘で魅惑的だ。

ナヴィと呼ばれる先住民族がいるのだが、人間の1.5倍くらいの大きさでアフリカの奥地にいそうな井出達だ。

ストーリーは「ソルジャーブルー」(キャンディスバーゲンの映画:古くて皆知らないよね~)的 
つまりイギリス人が昔、インディアンを武力で奥地に追いやり、アメリカの土地を略奪する というものとさほど変わらないので、ん~まぁまぁってとこだろう・・・

イギリス人が地球人に、インディアンがナヴィに、アメリカの土地が衛星パンドラに代わっただけであるからだ。
なので、最後は救いの無い結末で終わる。(もともとそういう題材だからしょうがない)

でも、ナヴィの動きも美しく、動植物もリアルだし、色彩も美しすぎて引き込まれる。

よいできだ。

これは、映像を楽しむ映画だと思う。

ちょっと長いので、実際途中で少し寝てしまった・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-23 18:07 | 映画・TV