女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

のだめカンタービレを観た

これってやっぱり恋愛映画なんだと思った。

e0147990_22452524.jpg


TVでは千秋先輩の「オレさま主義」とのだめの「漫画チックなキャラ」がデフォルメされてたけど、人気がでてくるにつれて、ヨーロッパ編から今回の映画にかけて真面目な恋愛的描写がわりと描かれるようになってきた気がした。

芸術系学生同士の恋愛ってけっこう難しい。
それは、互いに穏やかな恋愛を求める気持ちと、個々の自分力を競い合う気持ちが交差するからだ。

同じように進歩したいのだけれど、現実はそうはいかないから、狭間で悩んだりする。

それにしても、ヨーロッパの風景も上手に映し出していたし、なんといっても背景に流れるオーケストラの音楽が素晴らしい。

引き込まれる。

ストーリー的には、TVでやった「だめなSオケ」を立派にするのと同じように、「だめオケ」復活版という具合なので、たいしたことはないが、音楽と玉木くんのお顔がかっこよくて、帳消しにしてしまう。

いやらしくも、いいところで前編がおわっている。
展開は見えているが、やはり、後編も観たい。

TV系の映画は、深く考えさせたりしないのだが、映像がやはり見事である。

この映画はDVDよりは、オリジナルサウンドトラックのCDを買いたくなった。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-20 22:47 | 映画・TV