女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

沈まぬ太陽を観た

なにしろ今日は水曜日でレディースディらしい。
つまり女の人であれば、千円で映画がBiBiで観れると決まっているらしい。

{沈まぬ太陽} 観たいっしょ?」
「ん~観たくないって感じじゃないけど、今は{風が強く吹いている}の方が期待大なんですけどね~」
「え~それは封切がまだじゃん!」
「そう、今週末!」
「じゃぁ、今日は{沈まぬ太陽}観ようよ~」
「え~それ、長いじゃん!」
「だから、お得感あるじゃん!それに今日は千円だし」

ってなわけで、観てきた。

正直に言うと、物語が壮大すぎて、映画で表現するのはちょいと難しいんじゃないかって思った。
すごくがんばっている感はアリアリで、それなりにいい作品ではあるが、やはり未消化になっていた。
こういう長い小説を映像で表現するには、かいつまんで+デフォルメしないと、まとまりがつかない。

主人公のイデオロギー人生をベースにおきつつ、御巣鷹山事件をメインにもってきて、なおかつJALの企業体質をも暴きださなければならず、どう考えても3時間半ではムリだろ~

だから、焦点がいまいち定まらず、感動がおこってこない。
ひとつひとつ丁寧につくってあるし、役者の顔ぶれもすごいから、千円であれば十分楽しめたのではあるが、

一言で映画の感想を述べよと言われると、印象に残っているものが少なく、社内の権力闘争が壮絶という感じだろうか・・・

山崎豊子の小説はTVの連続ドラマのほうがあっているのではないだろうか・・・
「不毛地帯」のように・・・

やっぱりワタシは「風が強く吹いている」を早く観たいかなぁ・・・ 
[PR]
by asaasa-archi | 2009-10-28 23:27 | 映画・TV