女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ママ友

子供つながりのお母さん同士で仲良くなるとこれを「ママ友」と呼ぶ。

パパ友という言葉は聞いたことないが、ママ友はよく聞く言葉だ。

実はこの「ママ友」というのは単なる仲良しではなく、非常に重要な意味をなす。
子供の用事で学校なんかに行くのは父親ではだめだ。
絶対に母親でなければならない。

なぜかというと、学校がらみの情報というのは、大事なことは、お知らせなどにはのっていない。
先生のお話にもない。
ひたすら、口コミの情報が大事だからだ

私達はなにも好き好んでママ友とお茶したりしてたわけではないのだ。
なにげない世間話の隙間にこの重要な情報が話題に登ったりするからだ。

例えば幼稚園の行事などの観覧情報や、お遊戯会などの役決めとか水面下で繰り広げられる根回しなどの情報。
小学校ではめんどくさい役員きめの慣習的やり方。(これを知らないとすごく損をすることがある。)
私立高校などでは、大学の推薦入試情報など文章できまってはいないが、慣習的な選抜方法がある。

上の子供がいるお母さんなんかはすごくこういう情報に詳しい。
これらを知っているのと知らないのでは、すごく違うのだ。
バカをみてしまうか、あの人ってホント要領ワルイわね!などと影口をたたかれてしまう。

なので、好き嫌いにかかわらず、どんなママ友とも仲良くしておかなければならない。

残念ながら父親にはこういう芸当はムリである。

なので、ワタシにはもう用済かとも思われるママ友がたくさんいる。

久しぶりにこういうママ友をランチをした。
お互いに「戦いすんで(大学受験)日が暮れて」状態で気が抜けて雑談状態だったが、ふと聞くと、彼女は今、派遣でS銀行の人事課にすごく近い部署にいると言った。

「最近の大学生ってさぁ~ホント、甘いわよね~」
「えっ!なんで?」
「だって就職試験のときに要領わるいんだもん~選考基準ってあるわけよね!そういうの全然知らないんだもん~」
と言って、詳しく選考基準を話し始めた。

「お~そうだ!まだ、息子は就職試験があった!」
ありがたや!ママ友よ!もっと詳しく教えてくれ~
[PR]
by asaasa-archi | 2009-09-02 22:35 | 生活