女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

高岡の家

「高岡の家」のお客様は本当に素晴らしい。

ひとつひとつを丁寧に決めてくれる。058.gif

8月いっぱいで基本プランがだいたい決まった。
今は実施設計に入ってます。

二世帯住宅でしかもメゾネット型のプラン
建築面積のほぼ半分づつでわけてある。
なので、
この面積争奪戦が目にみえぬところで、繰り広げられたようだ。

二世帯住宅で親世帯のほうの打ち合わせは若夫婦のご主人が全部中継ぎをしてくださっている。
なぜかというと、二世帯住宅で資金が若夫婦の場合はワタシが親世帯の打ち合わせをしないほうがまとまるからだ。
これは、ひたすら経験である。
もちろん考えられる要素はあるが、お金を出す夫婦とのみ打ち合わせを行うほうがよい。

嫁姑間のつながりは非常に微妙で不安定なものだ。
だから、中継ぎを息子にやっていただくのが、絶対にイイ!
まちがいない!

「あ~お母さんちとこ、もうこんなによくしちゃったら、お金がかかるわ~」という嫁側のつぶやきもそ知らぬ顔で聞いてられるし、「この話は嫁にはないしょでね。」という姑側のグチも聞かずにすむ。
ワタシは設計にのみ没頭できるからだ。

はるか昔の話だが、姑が長男の嫁の悪口をさんざん言って帰り、どんなに仲が悪いのかと思ったら、すごく仲がよい場面を見て、人間不信に陥ったことが思い出される。
つまり嫁の悪口は、聞いているほうは、ハラハラドキドキなのに、言っている本人はほんの軽口か世間話の延長のつもりなのだ。008.gif008.gif

TVドラマさながらという訳である。

ので、どんなに仲がよさそうにみえる親子でも、ワタシの独断と偏見で二世帯住宅の場合は親世帯の要望は息子に聞いてもらうことに決めている。028.gif028.gif028.gif

PS:「高岡の家」の皆様は仲良しですから・・・誤解なきように・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-31 23:45 | お仕事