女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

TVショッピング

フツーで考えれば、実物を手に取ることなく、買い物をするというのは、勇気がいることだ。

でも、雑誌の通販は時々利用する。
それは、お店には売ってないような「あっ!こんなの欲しかった~」とか、「こんなの見た事ない~」という感動があったりするからだ。

深夜、寝る前に(前述の屋根裏部屋)必ずTVをつけて、ベッドで30分くらい見てから寝る習慣がある。

12時すぎているとあまり観たい番組がない。
もちろん地デジ対応TVではないので、選択できるチャンネルは少しである。
あ~これでもない!なんてチャンネルを変えているとなぜか、このTVショッピングでふと手をとめる。
別に特別なものなんてない。
が、なにげなく観ているうちに、必ず引き込まれてしまう。

あ~これっていいかも・・・
なんて観ているうちに、
お!お客様~もう売り切れてしまいました!」
とか
もう!残りわずかで~す!」
とか 売り子さん(なんていうんでしょうかTVのおねえさま)がカナきり声を上げてくる。
何回も電話番号が画面の下部に点滅して映し出される。

時間は深夜である。
なにも邪魔されるものはない。
ただTVに見入っているだけの状況だ。

あ~ペンはどこ~
電話番号と商品番号メモらなきゃ!!
あせるわ~~
電話!電話!
なくなっちゃう~

てな具合で買ったものはけっこうあるが、長くつかったとか、買ってホントによかった というものはひとつもない。

完全にはめさせられてるんじゃないか!!

ヒトって案外こんなもの?
[PR]
by asaasa-archi | 2009-04-23 19:30 | 映画・TV